元脱毛サロンスタッフの脱毛知識

ハイジニーナ脱毛とは?メリットデメリットについて元脱毛サロンスタッフが解説!

投稿日:

ハイジニーナ脱毛って気になりますよね。

ハイジニーナ脱毛とは、デリケートゾーンまたはVIO部位をツルツルにする脱毛のこと。

アンダーヘアーを脱毛することの主なメリットは、衛生面と見た目にあります。

元脱毛サロンスタッフ
通気性が良くなることで、生理のときや暑い時期の蒸れや臭いが軽減され快適に過ごせるようになります。

また、下着や水着から毛がはみ出てしまうという心配もなくなるので、堂々と可愛い下着や水着のオシャレが楽しめます。

ここではハイジニーナ脱毛について深く掘り下げていきます。

ハイジニーナ脱毛は男ウケする?

VIOの脱毛をすることのメリットはたくさんありますが、気になるのが「つるつるにしちゃって、男ウケは大丈夫なのか?」ではないでしょうか。

一度、永久脱毛してしまうと二度と元の状態には戻せませんので、どうしても慎重になりがちですよね。

女性のデリケートゾーンがツルツルの状態について男性はどう思うのか。

ネットの調査によると、意見は半々に分かれます。

衛生面や見た目で好感度が上がるという意見もある一方、経験豊富なのではないかと疑ってしまうなどのマイナス意見もあります。

しかし、女性の方からVIO脱毛をしていいかどうか聞かれた場合は、反対する男性は少ないようです。

元脱毛サロンスタッフ
衛生面や見た目のメリットなどをパートナーに説明すれば、きっとわかってくれるはず。

また、パートナーに聞かずVIO脱毛を行った場合、浮気を疑われたというケースもあります。

なかなか聞きづらいことではありますが、パートナーに直接聞くのが一番良いのかもしれません。

ハイジニーナ脱毛とは

そもそもハイジニーナ脱毛とはなにかについて触れておきます。

「ハイジニーナ脱毛」とは、デリケートゾーンのアンダーヘアをすべて脱毛し、無毛状態にすることをいいます。

一部の美容業界でのみ使われていた用語ですが、海外のセレブやモデルがこの脱毛を受けていると発言したことから、一般にも知られるようになってきました。

「ハイジニーナ脱毛」の大きなメリットは、デリケートゾーンの衛生面にあるでしょう。

特に生理中のムレや臭い・かゆみを気にしている人は多いのではないでしょうか。

「ハイジニーナ脱毛」でムダ毛を処理すると、下着の通気性が良くなり、雑菌の繁殖も抑えることができます。

元脱毛サロンスタッフ
臭いやムレといった不快感も緩和されます。

また、下着や水着など露出の高いデザインやファッションも、ムダ毛を気にせず楽しめるようになるでしょう。

さらに、アンダーヘアの自己処理によるトラブル解消にもつながります。安易な自己処理は埋没毛や黒ずみ・湿疹といった皮膚トラブルを招きやすいです。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでの脱毛を推奨します

脱毛クリームやカミソリ・シェーバーなどお手入れアイテムは多数ありますが、デリケートゾーンは手足とは違って目の届かないところが多く、きれいに除毛することが難しい部分でもあります。

「ハイジニーナ脱毛」では、手入れの面倒さやトラブルから開放され、プロの施術で理想のデリケートゾーンを手に入れることができます。

「ハイジニーナ脱毛」のデメリットは、デリケートゾーンは皮膚が薄いため施術中に痛みを感じやすい点です。

*医療脱毛では麻酔があるので安心です

また、一度実行すると、次からはなかなか毛が生えてきませんのでやり直しができません。

「VIO脱毛」のように一部を残すスタイルも可能ですし、クリニックによっては痛みの少ない方法を採用しているところもあります。

カウセリングでは、脱毛方法や回数について納得できるまで話し合うことが大切です。

チャレンジして後悔しないようしっかりと希望を伝え、自分に合ったサロンやクリニックを選びましょう。

ハイジニーナにするには何回脱毛すればよい?

ハイジニーナ脱毛を希望する場合、完全に毛がなくなるまで何回施術を受ければよいか、とても気になるところですよね。

施術を受ける回数は、サロンで脱毛するか、医療脱毛をするかで大きく異なってきます。

まず、サロンで脱毛する場合は、18回程度が目安です。

元脱毛サロンスタッフ
期間にすると3年以上かかります。

これには、サロンで取り入れられている「光脱毛」と呼ばれ施術方法が関係しています。

光脱毛とは毛根部分にダメージを与えて、毛が生えないようにする施術方法です。

そのため施術時には毛根が必要になりますが、毛には「毛周期」というサイクルがあるため、いつでも生えているわけではありません。

さらに、同じ部位に生えている毛であっても毛周期はバラバラです。

すべての毛をなくすためには、脱毛する部位の毛周期に合わせて何回も施術を行う必要があるのです。

vioの毛周期は全身の中でも特に長いことが特徴で、ワキや腕が3~4カ月ほどであるのに対し、およそ1年となっています。

この毛周期に合わせると、施術を行えるのは2~4カ月に1度です。

つまり、1年で施術を行える回数は3~6回、2年目で6~12回、3年目で9~18回ほどとなります。

元脱毛サロンスタッフ
人によっては、施術が完了するまでに5年以上かかることもあるでしょう。

サロンでハイジニーナ脱毛をする場合は、気長に通う必要がありそうですよね。

つぎはクリニックでの脱毛回数。

医療機関で脱毛する場合の目安の回数は、9回ほどです。

期間にするとおよそ1年半となり、サロンの約半分の回数や期間で脱毛できます。

ただし、施術を受ける頻度は2~6カ月に1度と、大きな個人差があります。

つまり、半年で受けられる回数は1~3回、1年で3~5回、1年半で6~9回ほどです。人によっては2年以上かかる可能性もあります。

医療機関のハイジニーナ脱毛が早く終わる理由は、主に「レーザー脱毛」と呼ばれる脱毛方法が使われているためです。

元脱毛サロンスタッフ
サロンの光脱毛に比べて1回の脱毛効果が高いため、施術回数が少なく済むのです。

もちろん、効果が高いだけあって、費用も高い傾向があります。

少しでも早くハイジニーナを目指したい人は、医療脱毛を選ぶと良いかもしれませんね。

ハイジニーナ脱毛を脱毛サロンと医療脱毛でするのとでは何が違う?

ハイジニーナ脱毛を脱毛サロンとクリニックのどちらで行うかは、何を重視するかによって変わります。

まずは違いを表にしますね。

  医療脱毛 光脱毛
脱毛回数 5~8回 12~18回
VIO脱毛にかかる時間 1時間 30分
痛み やや強いが麻酔を使える 少し痛い
VIO脱毛にかかる料金 10~20万円 100円~10万円
脱毛効果 永久脱毛 抑毛・減毛

医療脱毛に向いているのは、

・少ない回数・短い期間でつるつるになりたい人

・肌トラブルが起きたときすぐに適切に処置をしてもらえるなど安心して施術が受けられる環境が良い人

です。

サロン脱毛は、

・施術時の痛みが少ない方が良い人

に向いています。

元脱毛サロンスタッフ
医療脱毛には麻酔があるので利用しても良いでしょう

以前に比べて医療脱毛も安くなった

なお、クリニックは料金が高額、サロンは低額で脱毛ができるといわれることがありますが、これは必ずしも正解ではありません。

なぜなら、単価はサロンの方が安くても、クリニックの倍近い施術が必要であることを考えるとトータルではそれほど変わらないことがあるからです。

なかには、一般的なサロンより安く受けられるクリニックもありますので、料金は契約前によく確認しましょう。

脱毛サロンの特徴

脱毛サロンや医療脱毛とはなにかについても解説しておきますね。

まずは脱毛サロン。

脱毛サロンの多くは、光脱毛(フラッシュ脱毛)という方法で施術を行っています。

これは、黒色に反応する特殊な光を施術したい部位に照射して、その下にある毛根に熱を集め、毛を生やす毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えて生えにくくするというものです。

フラッシュ脱毛で使用するライトには複数の波長の光が含まれているため、1度に広範囲に照射できます。

ただし、波長がバラバラで一点に集中しないため、フラッシュ自体はそれほど強力ではありません。

また、医療機関ではない脱毛サロンでは毛根を破壊するほど強力な光を使用することは許可されていません。そのため、フラッシュ脱毛の効果は比較的緩やかです。

太くしっかりした毛が生えているVIOは、全身のほかの部位と比べても脱毛効果が出にくい傾向があります。

ハイジニーナ脱毛をするのであれば、完了までに18回程度は施術が必要になるでしょう。

ただし、体質や毛質、肌の状態などにより効果の出方は変わってきますので、もっと少なくてすむ人もいれば、多くの回数が必要な人もいます。

サロン脱毛のメリットは、照射力がマイルドな分施術時の痛みが少ないことです。

デリケートな部位であるVIOはもともとほかの部位と比べて痛みを感じやすいですが、サロン脱毛なら痛みに弱い人でも安心して受けられます。

医療脱毛の特徴

クリニックでは、医療レーザーを用いて施術を行うことが一般的です。

これは、黒色に反応する性質をもつ医療レーザーを照射し、熱ダメージによって毛根組織を破壊するというものです。

レーザーは直進性(指向性)が強く、まっすぐに対象箇所まで届きますので、与えるダメージも大きくなります。

そのため、医療レーザー脱毛は高い効果が期待できます。

ハイジニーナ脱毛をする場合、完了までにかかる回数は8~9回程度。

ただし、フラッシュ脱毛と同様に個人差がありますので、もっと少ない回数ですむ人もいれば多くの回数が必要な人もいます。

医療脱毛はパワフルな分、痛みも強い傾向があります。特にデリケートなVIOは、施術時に強い痛みを感じることがあるでしょう。

ただし、医療機関での施術ですので、痛みが辛い場合は麻酔クリームや笑気ガスなどを使うことも可能です。痛みに弱い人はスタッフに相談しましょう。

ハイジニーナ脱毛のメリット

 

ハイジニーナ脱毛の最大のメリットは、デリケートゾーンを衛生的に保つことができることです。

ムダ毛があると通気性が悪くなるため、どうしても下着の中でムレて雑菌が繁殖しやすく、嫌な臭いやかゆみが出やすくなります。

特に生理中には、そのような衛生面でのトラブルに悩まされる人も多いのではないでしょうか。

ムダ毛がなくなることで下着の通気性が良くなり、いつでも清潔な状態を保てます。

元脱毛サロンスタッフ
この快適さを知ってしまうと、もうもとに戻れないと感じるほどです。

次のメリットとしては、自己処理の煩わしさがなくなり、さらにそれによる肌のトラブルがなくなることでしょう。

カミソリや毛抜きなどで自己処理をするのは大変な手間ですし、時間もかかります。

しかも、頑張って自己処理してもまたあっという間に生えてきますし、埋没毛、肌荒れ、黒ずみなどお肌のトラブルも絶えません。

ハイジニーナ脱毛によって、そのような煩わしさがなくなるうえ、いつでもきれいなお肌の状態でいられるのです。

もう1つの大きなメリットには、見た目を気にする必要がなくなることがあります。

下着や水着を選ぶときにデリケートゾーンを気にせずに済むので、選択肢がグンと広がるのです。

その結果、自分に自信も出るので、夏のおしゃれを堂々と楽しめますし、銭湯や温泉でもビクビクすることなくふるまうことができるでしょう。

しかし、ツルツルの状態にはさすがに抵抗があるという人は、不要な部分の毛だけを脱毛したり毛量を減らしたりして、希望の形に整える方法でもいいでしょう。

Vラインを三角やハート型などの、可愛い形にデザインすることができます。

*VIO脱毛の形

ツルツルの状態に抵抗のある男性も少数派ながら存在しますが、デリケートゾーンがきれいにお手入れしてある状態を嫌がる男性はいないはずです。

このように、ハイジニーナ脱毛にはメリットがたくさんあります。

ハイジニーナ脱毛のデメリット

ハイジニーナ脱毛は、デリケートゾーンを清潔に保ったり、自己処理が楽になったりとさまざまなメリットがある脱毛です。

しかし、デメリットもいくつかあります。

元脱毛サロンスタッフ
施術前にデメリットを知っておくことで、安心して施術を受けられます。

ハイジニーナ脱毛は、他の部位に比べて痛みが強いのがデメリットです。

デリケートゾーンの皮膚は薄いうえ、粘膜にも近い場所なので、痛みを感じやすいのです。

また、ムダ毛が濃く太いので、光脱毛や医療レーザー脱毛をすると反応しやすく、特に、Iラインの脱毛には強い痛みを伴います。

他の部位を脱毛した際には、痛みを感じなかったという人も、デリケートゾーンの脱毛だと痛みを感じるかもしれません。

元脱毛サロンスタッフ
ただし、痛みを感じるのは一瞬であり、後を引くような痛みではありません。

また、施術範囲も狭いので、短時間で照射が終わります。

サロンによっては、痛みを抑えるクリームを塗ってくれる場合もあるため、事前に確認しておくと安心です。

また、脱毛方法によっても痛みや照射時間は異なるため、自分に合った脱毛法のサロンやクリニックを探すとよいでしょう。

一度脱毛してしまうと、元に戻すことができないという点もデメリットの1つです。

後々後悔しないよう、最初からすべての毛を脱毛するのは避けるのが無難といえます。

 

ハイジニーナ脱毛で後悔するケース

ハイジニーナ脱毛は衛生面や肌トラブルの軽減などメリットが多い脱毛ですが、それと同時に後悔の多い脱毛でもあります。

ハイジニーナ脱毛は無毛状態にするのが一般的ですが、日本人女性でツルツルにしている人はそう多くはありません。

雑誌ノンノによるアンケートによると全体の7%

そのため、温泉にいった場合などに人の目が気になってしまうこともあります。

 

ハイジニーナ脱毛をすると、陰毛が新たに生えてくることはありません。

将来的に、やっぱり少し毛を残しておけばよかった、形を整えるだけにしておけばよかったと思っても、やり直しはきかないのです。

友達もやっているからなどの理由で安易に脱毛すると、将来後悔することもあるのでよく考えてから脱毛しましょう。

 

自分でハイジニーナ脱毛できる?その方法は?

ハイジニーナ脱毛は脱毛サロンで処理してもらうほか、セルフでの処理方法もあります。

もっとも、ハイジニーナ脱毛は正しい知識と技術をもっておこなわないと思わぬケガや肌荒れの原因につながるため、自己処理で済ますのは難しいです。

カミソリでムダ毛処理するケース

自宅で手軽にできる自己処理として、カミソリで剃る方法があります。カミソリは簡単に手に入り、お金もかかりません。

ですが、カミソリでの処理は肌を傷つけやすく、デリケートゾーンは特に危険を伴います。

また、処理した後に新しく生えてきた毛がチクチクして痛くなる場合もあるので注意が必要です。

除毛クリームでムダ毛処理するケース

市販の除毛クリームで毛を溶かす方法もありますが、使い続けると肌荒れの原因になります。

除毛クリームは太く硬いデリケートゾーンの毛を溶かすほどの威力があるため、肌にも刺激が強いのです。

ワックスで脱毛する方法もありますが、かなりの痛みを伴います。

また、ワックスを使用し続けると埋もれ毛の原因にもなります。

特に、肌に弱い人にとっては肌を痛める可能性もあるので要注意です。

家庭用脱毛機でムダ毛処理ケース

クリームやワックスより少しお金はかかりますが、家庭用脱毛器を使って自宅で光脱毛をする方法もあります。

サロンに通うよりも金銭面では安上がりですが、家庭用脱毛器はプロが使う専用機器と比べるとどうしてもパワーが落ちます。

また、デリケートゾーンは機械を使っても素人の手では思うように脱毛できない部位です。

きれいに仕上げるためには技術を要します。

 

このように、自己処理は手軽で費用も安く済むというメリットがある反面、安全かつきれいに仕上げるのは難しいというデメリットもあります。

また、肌への影響もあまりよくありません。

せっかく自分で処理しても、かゆみやかぶれに悩まされたり荒れてしまったりして彼氏にも見せられない状態になってはもったいないですよね。

その点、脱毛サロンならば安全できれいに処理してくれますし、施術の際も恥ずかしくないよう配慮があります。

ハイジニーナ脱毛を考えているなら、サロンやクリニックでの施術を検討するとよいでしょう。

実際に行きました。脱毛サロン・医療脱毛を徹底比較

ミュゼ 銀座カラー キレイモ 脱毛ラボ

脱毛サロン

脱毛サロン

脱毛サロン

脱毛サロン
公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

シースリー ディオーネ エピレ 恋肌

脱毛サロン

脱毛サロン

脱毛サロン

脱毛サロン
公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

湘南美容外科 リゼクリニック レジーナクリニック リンリン

医療脱毛

医療脱毛

医療脱毛

脱毛サロン
公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

ラココ ストラッシュ ヴィトゥレ ジェイエステティック

脱毛サロン

脱毛サロン

脱毛サロン

脱毛サロン
公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

コロリー トイトイトイクリニック ウェルネスビューティークリニック TBC

脱毛サロン

医療脱毛

医療脱毛

ニードル脱毛
公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

渋谷美容外科クリニック KM新宿クリニック アリシアクリニック クレアクリニック

医療脱毛

医療脱毛

医療脱毛

医療脱毛
公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

公式サイトへ

料金プランの解説

体験レポート

-元脱毛サロンスタッフの脱毛知識

Copyright© 脱毛サロン・医療脱毛ならココ。元脱毛サロンスタッフがおすすめする光脱毛・クリニック , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.