元脱毛サロンスタッフの脱毛比較ブログ

脱毛サロン・医療脱毛ならココ。元脱毛サロンスタッフがおすすめする光脱毛・クリニック

湘南美容クリニック

【湘南美容クリニックで脱毛できないケースがある】アトピーや日焼けしていると脱毛できないこともあります

更新日:

こんにちは。

脱毛サロン・医療脱毛あわせて25店舗のカウンセリング・脱毛体験に行って、徹底検証している元脱毛サロンスタッフです。

医療脱毛で人気の湘南美容クリニック。

料金も安く自信をもっておすすめできるクリニックですが、どうしても施術できないケースもあります。

今回は湘南美容外科の施術できないケースと注意事項についてまとめました(^^♪

追記
湘南美容クリニックは現在、期間限定で全身脱毛6回が通常よりも87,000円も安い348,000円(税込み)で契約できます。
下記のWEB申し込み画面の補足欄に「キャンペーン番号:800-0331」と記入するだけでお得になるのでカンタンです♪

顔とVIOがいらないという方は全身脱毛6回298,000円!(税込み)
「キャンペーン番号:800-0330」

アルコール飲んだらダメ…前後12時間のアルコールの摂取は禁止


アルコールの摂取禁止な理由は血行を促進してしまうからです。

脱毛を受けるとき血行が良くなってしまうと、肌が敏感になって痛みが強く感じてしまったり、脱毛後に肌の赤みが生じやすいのです。

なので、脱毛前日はなるべくアルコールの摂取を控えた方がいいです。

日焼けしたらお手入れできない

日焼けは絶対ダメです。

レーザーは黒いものに反応するのでもし、日焼けをしていたら火傷をする可能性があります。効果がでなかったりす場合も!

私は夏にすごく日焼けをしてしまったんですが、9月ごろに脱毛契約をするときに「日焼けしすぎているので3ヶ月空けてから来てください」と言われてしまいました。

だいたい3ヶ月すれば日焼けした肌が元に戻るみたいです。

エステ・入浴・スポーツなど禁止…温泉・岩盤浴もだめ

入浴・温泉・岩盤浴・スポーツは脱毛してから24時間は禁止です。

脱毛した後の肌は敏感になり日焼けした肌と同じなので体温が上昇するとかゆみがでたりします。なので、体の代謝をあげる行為はダメです。

エステやマッサージは2週間は避けた方がいいと思います。

シャワーは浴びて大丈夫ですが、ぬるま湯がオススメです。

予防接種…前後10日以内は禁止

予防接種前後10日は脱毛ができません。

予防接種をした後は、肌が敏感になっていたり肌のバリア機能が下がっているので、強い刺激のある脱毛はできません。

赤みがでたり、晴れが引かなくなったり肌のトラブルの原因になる可能性があります。

なので予防接種のする機会が多い冬の予約には、気を付けた方がいいですね。

日焼け止め制汗剤・汗拭きシートもダメ?ボディークリーム・ローション・保湿クリームも?

施術当日は何も肌につけないでください。

素肌じゃなかったら、効果が得られなかったり、施術できなかったりすることがあります。

ただ、脱毛後の肌は敏感なので、日焼け止め制汗剤は刺激ををあたえてしまうので控えましょう。

ただ無香料の汗ふきシートは使っても大丈夫です。

肌の乾燥が少ないほうが効果があるので、ボディークリーム・ローション・保湿クリームは乾燥を防ぐためにも必ずしてください。

湘南美容クリニックは生理でもできる

生理中でも脱毛はできます。

ただ生理中はホルモンバランスが乱れていて、敏感になっているので通常より痛みを感じやすくなるかもしれません。

VIOはナプキンじゃなくタンポンをつけていたら施術してくれます

生理の時は担当の方に言っていたらケアしながら脱毛をしてくれます。

もし、生理中で恥ずかしかったら日にちを改めるのもありです。

お手入れができない条件がある

お肌は乾燥していないほうがいい

乾燥はしていない方がいいです。

乾燥していればかゆみがでるということもありますが、毛がちぎれる原因にもなります。

たとえば干からび田んぼで草を抜くと抜けなかったりちぎれたりします。

それと同じ原理です。

潤っていればするっと抜けやすいというわけです。

なので、普段から保湿ケアはしておいた方がいいです。

保湿をしっかりしていれば、痛みが軽減したり脱毛効果も上がります。

施術後は肌の水分量が少なくなるので、乾燥やかゆみがでやすいので、保湿ケアは絶対にしましょう。

妊娠・授乳中の場合は脱毛できない

妊娠・授乳中の場合の施術はできません。

妊娠中はホルモンバランスが乱れていて肌が敏感な状態なので、痛みを感じやすくなるのと脱毛効果が下がってしまうみたいです。

脱毛をするなら出産して3ヶ月経ってからできます。

風邪をひいてしまったら別の日にしてもらいましょう

風邪の時の脱毛はオススメしません。

免疫が下がっている状態なので施術後にあかみや腫れがでてしまう可能性があります。

念のため風邪が治ってからにした方がいいですよ。

白髪には反応しない

湘南美容外科の脱毛機は黒いものに反応するので

白髪には当てても効果がありません。

たまに1本だけ白髪が生える部分があるという人も最終的にはその毛だけ残ってしまいます。

タトゥーの上は当てれない

タトゥーの色に機械が反応してしまい

火傷の危険性があるのでタトゥーの上は施術できません。

周り1cmくらい少し広めに避けて施術されます。

ステロイドや塗り薬は要注意

ステロイド系のお薬は光過敏になってしまい色素沈着を起こしてしまいます。

シミが残ってしまうので注意です!

ですが、色んな種類があるので無料カウンセリングで相談してみてください。

飲み薬を服用してはダメ…ピル・頭痛薬・風邪薬・痛み止め

脱毛前の抗生物質や解熱鎮痛薬は服用はダメです。

光線過敏症の副作用があるものも多いので脱毛するときは避けた方がいいです。

光に敏感に反応したり、皮膚にあかみなどの症状がでるのを光線過敏症といいます。

脱毛をする場合は医師や薬剤師の方に相談した方がいいですよ。

ピルを内服しているときは、お肌が敏感になっていますが脱毛をしても問題はないです。

癌の治療中は脱毛できない

癌の治療中は施術できません。

抗がん剤治療をうけていたりしたら光線過敏症になりやすいみたいです。

脱毛をしたいと医師に相談してみてください。

癌治療が終了して3ヶ月経てば脱毛ができます。

アトピー・てんかん・ケロイド体質の人も脱毛できない

てんかんや糖尿病、ケロイド体質の方や自己免疫疾患などがある人も脱毛できない可能性があります。

軽度や服用している薬によっても判断が異なるので一度相談してみると良いと思います。

ニキビ跡、傷跡、色素沈着があれば脱毛できない

傷跡は脱毛できません。

他の皮膚より薄く、弱くなっているのでダメージを受けやすいですので、テープで保護をして傷跡周りだけを脱毛します。

色素沈着があってもダメです。レーザーは黒いものに反応するので皮膚にダメージをあたえたり、肌トラブルの原因にもなります。

なので、色素沈着のところもテープで保護をして周りだけを脱毛します。

切り傷や擦り傷でも肌が弱っていたり色素沈着で、元の肌色とは違って赤黒くなっているので脱毛できません。

まとめ

湘南美容クリニックで脱毛を考えているなら勧誘もないしカウンセリングに行ってから決めても良いと思います☆

カウンセリングに行って話を聞くだけでもOKです(^^♪

湘南美容クリニックの脱毛は解約したいときもスムーズです。
湘南の脱毛は中途解約しても返金してくれる

-湘南美容クリニック

Copyright© 脱毛サロン・医療脱毛ならココ。元脱毛サロンスタッフがおすすめする光脱毛・クリニック , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.