元脱毛サロンスタッフの脱毛比較ブログ

脱毛サロン・医療脱毛ならココ。元脱毛サロンスタッフがおすすめする光脱毛・クリニック

わき脱毛

【ワキ毛をキレイに処理する方法を元脱毛サロンスタッフが解説!】カミソリ・脱毛サロン・家庭用脱毛器で処理するのが一般的

更新日:

こんにちは。

脱毛サロン・医療脱毛あわせて25店舗のカウンセリング・脱毛体験に行って、徹底検証している元脱毛サロンスタッフです。

女性にとってワキ毛は大敵ですよね。

思春期で生えてくるようになって、それ以来ずっとカミソリやピンセットを使って処理しているという方も少なくありません。

毎日のように処理しないといけないワキの毛をなんとかしてなくしたい!と思われる方も多いと思います。

このページではワキ毛をキレイに処理する方法についてまとめてみました。

ワキ毛の処理方法は大きく3つ

ワキの毛をなくす方法は大きく3つです。

・自己処理
・脱毛サロン・医療脱毛に通う
・家庭用脱毛器でセルフ脱毛する

この3つのどれかの方法で処理すれば毛のない状態で日々過ごすことができますが、いずれの方法にもメリット・デメリットがあります。

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

自己処理

今このページをご覧になられている方の中には自己処理をしている方がダントツで多いのではないのでしょうか。

・ピンセットなどの毛抜きを使って毛を抜く
・カミソリで剃る
・電動シェーバーで剃る
・除毛クリームやワックスを使う

このように自己処理にもたくさんの方法と種類があります。

どれも手軽で簡単に毛を無くすことができる方法ですが、肌への負担を考えると最もおすすめできない方法です。

自己処理のメリット・デメリット
【メリット】
・いつでも好きな時にできる
・安い
・簡単
【デメリット】
・一時的に毛を無くすだけで脱毛効果はない
・埋もれ毛の原因になる
・毛が濃くなる可能性がある
・処理してもすぐ生えてくる

ワキ毛に対して悩みが大きい人ほど自己処理での処理をおすすめしません。

今よりも悩みを大きくしてしまう可能性が高いからです。

脱毛サロン・医療脱毛に通う

わき毛で悩んでいる方におすすめしたいのが脱毛サロンや医療脱毛です。

大きく3種類あり、それぞれ料金や痛み、施術にかかる時間が異なります。

光脱毛

光脱毛はエステサロンや脱毛サロンで行われている脱毛方法です。

さらに光脱毛の中にも種類があり、痛みや脱毛の通い方などが異なります。

ただし、効果としてみればほとんど差はなくどの脱毛サロンでも12~18回で脱毛完了するといわれています。

大きなデメリットとしては、永久脱毛とはいえない点でしょう。

脱毛完了後にホルモンバランスの変化などでまた毛が生えてくる可能性があるので永久脱毛とは言い切れませんが、毛のないツルツルの状態にすることは可能です。

光脱毛のメリット・デメリット
【メリット】
・他の脱毛方法に比べて安い
・施術時間が短い(わきなら5分程度)
・痛みの少ない脱毛方法
【デメリット】
・永久脱毛ではない
・サロンに通わないといけない

医療脱毛

医療脱毛は医師の元で医療用のレーザーを使っておこないます。

有資格者のみが行える脱毛方法で、万が一の時にも迅速に薬などの処置を施してもらえるので安心感があります。

照射出力が高く、細胞を破壊することができるので永久脱毛ができます。

ただしその分脱毛時の痛みが強くなってしまうというデメリットがあります。

医療脱毛のメリット・デメリット
【メリット】
・永久脱毛できる
・お医者さんの元で安心感がある
・施術時間が短い(わきなら10分程度)
【デメリット】
・クリニックに通わないといけない
・毛の濃い部分は痛みが強いこともある
《医療脱毛で保険は使える?》

”医療”と名前につく医療レーザー脱毛では保険を使って脱毛することはできないの?とギモンを持たれることもあるかと思います。

どんなに深い悩みをもっていても残念ながら医療脱毛には保険は適応されません。

ですが、数年前に比べて医療脱毛も格段と値段が下がっています。

ワキ脱毛であれば1000~2万円で脱毛できるのであまりに大きな負担になるという心配は必要ありません。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は美容電気脱毛と呼ばれることもあります。

ニードル脱毛とは生えている毛を目印に毛穴に針をさし、そこから電流を流して毛根を破壊するという脱毛方法です。

毛穴1本ずつ確実に処理していくので、濃い毛でも薄い毛でも効果に差はなく確実に毛穴を破壊させていくことができます。

ただし、毛穴1本ずつとかなり施術時間がかかってしまう点や、痛みが強いデメリットがあります。

ニードル脱毛のメリット・デメリット
【メリット】
・どんな毛でも確実に脱毛できる
・永久脱毛できる
・脱毛前に自己処理していく必要がない
【デメリット】
・痛みが強い
・施術時間が長い
・料金が高い

家庭用脱毛器

「脱毛に通えないけど脱毛したい」という方に人気なのが家庭用脱毛器。

家庭用脱毛器は脱毛サロンと同じ光脱毛を使用していますが安全面を考慮し、サロンの業務用よりも出力が弱く設定されています。

家庭用脱毛器で一番人気なのはケノンです。

家庭用脱毛器のメリット・デメリット
【メリット】
・いつでも好きな時に脱毛できる
・痛みが少ない
・人に見られる恥ずかしさがない
・通う手間が省ける
【デメリット】
・自分ではうまく脱毛できないこともある
・出力が弱いので施術回数が多く必要
・使い方には十分注意しないといけない

お金をかけずに毛を無くしたいなら光脱毛がおすすめ

お金をかけずに脱毛したい人には光脱毛がおすすめです。

脱毛って高いでしょ?と思われる方もいらっしゃると思いますが、なんとワキ脱毛ならカミソリを買うよりも安く脱毛契約できるのです。

 

ワキ脱毛がおすすめの脱毛サロン【ミュゼプラチナム】


とっても人気のミュゼプラチナム。

毎月めちゃくちゃ安いキャンペーンをしているので、よく聞く人も多いはず(^^)

カミソリって、安いものでも300円くらいしますよね。

なんとミュゼなら100円で無制限通い放題のワキ脱毛契約ができます。

さらにワキだけでなくVラインもセットでついてくるプランなのでとってもお得です(^^♪

ミュゼが他のサロンと圧倒的に違うのは店舗数です。

全国に175店舗もあるので、家の近くや学校・職場の近くにあって通いやすい人が多いということ。

元脱毛サロンスタッフ
脱毛は1回こっきりで終わらないので意外と通いやすさって大事なんです。

またその時ごとに店舗を変えることもOKで、アプリから空いている店舗をカンタンに探すこともできるのでとっても便利です。

ミュゼでは、ワキとVラインが100円で通いたい放題!

料金(税込) 部位 回数
100円 ワキ・Vライン

 

無制限
痛み 勧誘 完了までの期間 ペース
× × 12回 1ヶ月に1回

未成年の方は保護者の同意書があれば契約することができます(^^)

ワキ脱毛がおすすめの医療レーザークリニック【湘南美容クリニック】

湘南美容クリニックは効果の高い医療脱毛を破格の値段で受けられると評判のクリニックです。

全国にもたくさんの店舗があり、CMや雑誌広告などでも知名度がありますよね。

私も湘南のワキ脱毛を契約し、実際に通っていますが1回目から効果を確実に感じられました。

医療脱毛とは思えない値段で満足度の高い効果が得られるのでおすすめです。

料金(税込) 部位 回数
6回:1000円 ワキ 6回

未成年の方は、18歳以下なら保護者の同伴、19歳以上なら同意書があれば契約することができます。

関連記事
*脱毛サロンでおすすめのワキ脱毛はわき脱毛で効果を実感できる医療脱毛のページで解説

*医療脱毛でおすすめのワキ脱毛はわき脱毛で効果を実感できる脱毛サロンのページで解説

-わき脱毛

Copyright© 脱毛サロン・医療脱毛ならココ。元脱毛サロンスタッフがおすすめする光脱毛・クリニック , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.