元脱毛サロンスタッフの脱毛ブログ

つるるん脱毛-元脱毛サロンスタッフがおすすめする脱毛サロン・医療脱毛。効果と口コミ評判レポート

元サロンスタッフの脱毛知識 全身脱毛したい人

【低用量ピルであれば脱毛できるサロンが多い】元サロンスタッフが解説します

更新日:

生理痛やPMSの軽減、月経不順、避妊、子宮内膜症の治療など、さまざまな理由でピルを服用する女性が年々増加しています。

ピルを飲んでいると脱毛できないの?影響は?

と、これから脱毛契約を検討されている人、今脱毛に通っていてピルの服用を希望している人は、脱毛とピルの関係について詳しく知っておく必要があります。

このページでは脱毛期間中のピルの服用について詳しく解説していきます。

ピルを飲んでいても脱毛できる

まず結論をお伝えしておきたいのですがピルを飲んでいても脱毛はできます。

ただ、中には脱毛できないサロン・クリニックもあります。

元サロンスタッフ
「お医者さんの許可(診断書など)があればOK」「必要な書類にサインすればOK」「特になにも手続きなど不要」とサロンやクリニックによって対応はさまざま。

ピルを飲んでいても脱毛できるサロンやクリニックを選べば、ピルの服用を理由に脱毛を諦める必要はないので安心してくださいね

人気の脱毛サロンのピルへの対応を調べてみた

ピルユーザーの方が、今人気の脱毛サロンで契約できるのか、何か必要なものはあるのか対応を調べてみました(^^♪

元サロンスタッフ
実際にサロンに問い合わせた内容なので参考になると思います

【ミュゼ】
医師への確認が必要。「S.S.C脱毛を行っても大丈夫かどうか」と医師に確認し、OKであれば脱毛できる。書面などの書類での提出は不要。

【銀座カラー】
低用量ピルの服用であれば脱毛可能。(医師への確認不要)

【キレイモ】
治療目的以外の低用量ピルの服用であれば脱毛可能。(医師への確認不要)
治療目的での服用であれば、医師の「脱毛を許可する」のように言い切った文面の同意書が必要。

【脱毛ラボ】
カウンセリング(または契約)時にピルを持参してスタッフへ確認する。
持参できない場合は写真やピルの名前を言うだけでもOK。
ピルの種類や容量、飲み方で判断される。

【ディオーネ】
低用量ピルの服用であれば脱毛可能。(医師への確認不要)

【ストラッシュ】
低用量ピルの服用であれば脱毛可能。(医師への確認不要)

【シースリー】
低用量ピルであれば脱毛可能だが不安があれば医師へ確認してもらうのがおすすめ。

【TBC】
低用量ピルであれば脱毛可能だが不安があれば医師へ確認してもらうのがおすすめ。

実際に問い合わせてみると、人気の脱毛サロンはピルを飲んでいても脱毛可能できることが判明しました☆

中容量・高容量ピルは脱毛できない可能性が高い

中用量・高用量ピルは女性特有の病気の治療などに使われていることが多いです。

低用量ピルであれば脱毛できるサロンが多いのに対して中用量・高用量になると脱毛できなくなるケースがほとんどです。

理由は脱毛時のトラブルのリスクが高くなったり、激しいホルモンバランスの変化によって脱毛効果が得られない可能性出てきてしまうから。

低用量ピルが開発される前は、生理痛や避妊目的でも中用量・高用量ピルが使われていましたが、最近では副作用の少ない低用量・超低用量の服用をすすめられることが多いです。

ですが、低用量ピルではあまり効果がなかった場合は、中用量・高用量ピルを服用することもあります。

元サロンスタッフ
飲んでいるピルの用量もいちど確認しておきましょう。

ピルが脱毛に与える影響は?

低用量ピルを飲んでいても脱毛できるサロン・クリニックもたくさんありますが、脱毛に100%影響を与えないと言い切ることはできません。

ピルが脱毛に与える影響として考えられるのは
・脱毛効果への影響
・色素沈着の可能性
・万が一のトラブル
この3つ。

脱毛効果への影響

ピルを飲み続けている間はホルモンバランスが一定になりますが、もし脱毛期間中にピルを飲み始めたり、服用をやめた場合に一時的にホルモンバランスが乱れる可能性があります。

脱毛効果にはホルモンバランスが大きく影響するのでもしかすると脱毛効果がでにくくなってしまうということも考えられます

色素沈着の可能性

脱毛しているしていないにかかわらず、ピルを服用していると色素沈着が起こる可能性があります。

そして、ピルを服用していない人でも脱毛によって色素沈着が起こる可能性もあります。

ピルを飲んだ状態で脱毛をすると確率が少しあがってしまいますが0.1~0.3%と発生率は低いです。

万が一のトラブル

脱毛効果・色素沈着だけでなく、もしかするとだ脱毛中にピルが影響して何かトラブルが起こるかもしれません。

元サロンスタッフ
これまで起こっていないトラブルが起きる可能性は絶対にないと言い切れないということ。

ピルユーザーの脱毛を断るサロン・クリニックはやはりこのポイントを重視してトラブルをできるだけ避けておきたいという考えのところが多いようです。

実際にピルを飲んで脱毛した体験談

実は私自身、ピルユーザーでした。

※私が飲んでいたマーベロンです。

現在は飲んでいませんが、脱毛サロンで働いていたころや脱毛していた期間の数年はずっとピルを飲んでいました。

私は生理痛を軽減したい、生理日を調節できるから楽という理由でピルユーザーになったのですが、脱毛へ影響を実感したことはありません。

ピルをやめたとき、数カ月生理が安定してこなかったりとホルモンバランスは乱れているように感じましたが、その時に毛が戻ってきたと感じることはなかったですし、色素沈着も見当たりませんでした。

サロンスタッフとして働いていた時もお客様でピルユーザーの方をたくさん見てきましたが、なにかトラブルが起きたことはありません。

元サロンスタッフ
私を含めた全員がたまたまなにもトラブルがなかっただけかもしれませんが、何かトラブル起きるのは確率的にかなり低いと言えると思います。

まとめ

ピルを飲んでいても脱毛はできます。

脱毛契約前のカウンセリングで、ピルの服用があることをきちんと伝えて、スタッフさんからリスクや気を付けないことについて事前にもう一度確認しておきましょう(^^♪

関連記事

-元サロンスタッフの脱毛知識, 全身脱毛したい人

Copyright© つるるん脱毛-元脱毛サロンスタッフがおすすめする脱毛サロン・医療脱毛。効果と口コミ評判レポート , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.